更新ペースはかなりゆっくりめかもです。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


昨日は、おうち温泉「重曹風呂」を紹介した流れで、今日はそれとは趣向の違うお風呂を紹介したいと思います。
今回のテーマは「温素」です。


【温素】


これも重曹風呂同様「弱アルカリ性」です。

そして、私が個人的にこれを推したいのは「重曹風呂より温泉らしい」という点。
温泉住人としては、湯の匂いもできれば温泉ぽい方が嬉しかったりします。
よって、私は温素の「無色透明の湯」をオススメしたいのであります。

厳密なことを言えば、温素も温泉の湯らしい香りとはだいぶ違うのですがw
自分の町の中を漂う温泉の匂いに一番近い入浴剤は、六一〇ハップでした。
今は売られてないようで、残念です。
(六一〇ハップは硫黄の香りがします)

話がずれましたw

無色透明ということは、そこにアロマオイルを入れたり、日本酒や酒粕を入れたり、蜂蜜を入れたりして、その日の気分に合わせて色んな香りや効果を楽しめるということ。
風呂のようなものは毎日繰り返すことなので、違う趣向を凝らしつつ、マンネリから脱却してみるのもいいかもしれません。
そう、バスロマンの代わりにプロテインを入れるように。

---

それから

【天然湯の花】


ですが、こちらは正直、そこまでオススメというものではないです。
私個人の感想では、気休め程度ににごり湯気分が味わえるかも?という印象。
温泉住人的には、温泉気分とは程遠い商品です。
単体使用では。

では何故紹介するのかというと、
湯の花+温素+酒粕
を入れた風呂がなかなか良かったからです。
冬場の寒い時期に、じんわりにごり湯気分で温まりたい時は、自分はこのコンボを試します。
勿論、こちらのお湯もお肌すべすべになります。

あ、各容量は勿論目分量です。
私としては、酒粕の量は甘酒2杯分作るぐらいの量を入れるといい感じでした。
酒粕はお湯で溶かしてから浴槽に入れて下さいね。

---

それから、これは風呂の湯とはちょっとカテゴリーがずれるものですが、先ほど蜂蜜の名前を出したので、ついでに「蜂蜜塩パック」の紹介なんぞを。

これは友人に教えて貰ったパックで、その効果の絶大さに、長年愛用しているパックです。


[おうち温泉「温素」応用編]の続きを読む

スポンサーサイト


自分は温泉町在住者です。
と言っても、毎日総湯(温泉の共同浴場)に行くには金がかかるし、たまに行くから温泉の有難みがわかるようなものです。
いえ、足湯は毎日のように行きますが。(お客さんがいない時だけ)

そんな塩梅で幼い頃から温泉というものを身近に感じ過ごしてきたひとりですが、その有難さを感じるようになったのは三十路を過ぎた頃から。
ええ・・・地元だからそこにあるのが当たり前すぎて、温泉の有難みなぞ知りもしなかったのです。
その観光地に住む人程、地元の観光に疎い法則です。

が、お肌の曲がり角が徐々に急カーブを描くようになり、ドリフト走行に磨きが掛かるその辺世代の女性。
私もいつの間にやらそんな一人になり、特に風呂の湯を気にするようになりました。
化粧品やら何やらの前に湯を気にした辺り、温泉地に住む人間のサガのようなものなのかもしれません。

で、まぁ当然温泉に行く訳です。
近所にあるから。
その効果はいわずもがな、風呂上りはテュルッテュルのスベスベです。
用もないのに首の周りやら腕の内側やらをやたら触るようになります。
気持ち悪いですね!
でもそれが女心というものです。
生まれたての肌に近付くことは、それに反比例して生きる人間が持つ本能的な愉悦の一つではないでしょうか。

ですが、毎日総湯に行くには以下略。
という訳で、いつの頃からか「おうち温泉」と称して、色々試すようになりました。

---

で、最近はまっているのが「重曹風呂」です。


[おうち温泉「重曹風呂」]の続きを読む



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。