更新ペースはかなりゆっくりめかもです。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


さて・・・気になっている人もいると思うのですが、自分の目の病気の近況報告もしたいと思います。

まー・・・ぶっちゃけ症状は進行してます。
眼科での定期健診では、黄斑部分の異常の形状に変化はないのですが、それでもどういう訳かだんだんものが見づらくなっている状態です。
残像も年々ひどくなっていますし。
あと老眼も少し。(涙)
お医者さんが言うには、だんだん見づらくなっているのはそういう病気だからと説明をされておりますが。

そんな訳で、1年前もそうでしたけど、1年前に比べてより本や種類を読むことにとても苦労をしております。

---

実は1年前に「どうせもう読めないから」と持っていた本を処分しちゃいまして、その後は読むことができない・つらい日常に、ちょっと心が疲れておりました。
引退宣言も、自分がそんな状態だったので、実は描くこと自体がすごく苦痛になっていて、その中で決めたことでした。


そして、コレ、気になっている人もきっといると思うんですけど、Twitterの清正とPSO2のアカウントを消したのも、「他人が漫画を読んだり、ゲームを楽しんでいる」ことがとても羨ましくて、そして妬ましくて、それを見るのがつらくて削除してしまいました。
当時はそういうことに耐えられない程、気持ちが弱っていたのです。
(今は削除してしまったことを後悔しており、今は告知用にアカウントを交流用に方針を切り替えて、当時フォローしてた人を見つけてはフォローしているような感じです)


オタクにとって「読めなくなる」ということがどんなに苦痛なことか、我が身で嫌という程味わってしまいました。
苦しかったですねぇ・・・読みたい漫画や小説が読めなくなったことが、本当に。

でも「苦しかった」と過去形になっているのには理由がありまして。
実は今年の春頃に発見したのですが、PC環境+某フリーソフトによる拡大鏡を使えば、漫画を読めることにきづいたのです。
勿論読むのにとても時間がかかりますが(コミック1冊読むのに3~5時間・休憩を挟みつつ)それでも読めないよりずっと、遥かに、もの凄く、ハッピーなことでありました。
この発見をした時、もう嬉しくて嬉しくて泣いてしまったぐらいですw


皆さん、

好きなものを読めるってことは、

ほんッッッッッとに素晴らしいことなのですよ!



また「小説が読めない」という問題が残っているのですが、こちらもiPhone等を使ってkindleで音読できることが確認済みなので、後は私がiPhoneを購入すればほぼ解決かな~?と思っております。
ただ、読みたい本に限ってデジ化してないのが、何とも歯がゆいのですがw
(あと、実はiPhneにすべきかiPadにすべきかまだ迷ってる状態ですが、これはまた別の話w)

ともあれ、「まだ読める」ということが確認できたことで随分気持ちが落ち着き、創作する余裕も出てきて、そしてそんな時に刀剣乱舞に出会ってドはまりしてw同人誌作って、イベントに参加してキャッキャできて──
些細なことでありますが、それができることが本当に嬉しくて仕方のないこの頃でございます。

---

ここだけの話、このブログの更新が止まっていたのも気持ちに余裕がなくて、自分の近況をどう報告していいものかわからず、手をつけずにおりました。
だって、落ち込んで暗くなってる話なんか、できれば人には見せたくないじゃないですか。
病気のことも書けるブログを作ったはずなのに、事態が深刻すぎて、当時の自分の気持ちを文章にすることなんか、とてもできる状態ではなかったです。

けれど、今こうして更新できるのは、読めることで気持ちに余裕ができたから──です。
最近は何かを描くことも、以前より楽しく、そして以前より素直に楽しめるようになってきたなぁと感じております。
(描くこともつらい1年でありました)
ほぼ1年描かずにいたブランクはありますが、それでも「好きなものを好きでいられる」ことが今はただ嬉しいので、自分なりのペースでありますが、積極的に興味のあることは何でも楽しむことを堪能したいと思う日々でございます。

最近は、刀剣乱舞の影響で、また歴史関係に興味を持ち始め、色々調べたり見たりするようになりました。
いっぺんにたくさんは見られないし、市販のアナログ本を読むこともできないですが、自分なりの楽しみ方をしているのかな?

欲を言えば、名刀伝とか読んでみたいものです。
が、デジでこの本はないので、読みたいけど読めない歯がゆさがもう!何ともw

でもそれを諦めることも、自分にとっては日常の1つなんですね。
こんなことが当たり前になるなんて、昔は思いもしませんでしたよ!本当に!
(ちょっと怒りも込めつつ)


まー・・・病気の話はしだすとキリがないので、いい加減このぐらいにしてw

---

次は、ちょっと良い報告です。

スポンサーサイト


黄斑ジストロフィの患者にとって、何とも歯がゆい悩みというのが
「治療方法も薬もない」
ということ。

特にこの「薬がない」が他の病気との大きな違いで、病院に行っても手ブラで帰されます。
処方箋がないから仕方のないことですが、まぁ何と申しますか・・・寂しい虚しい帰り道です。

しかも、どこに行っても
「治せない病気です」と言われ、
「うちに来られても困る」という顔をされ。
実際「うちに来ても困るんですよね」と言われたこともあり、以来すっかり医者嫌いです。

で、まぁ、ここ最近色々ありまして、7年前に「黄斑ジストロフィ」と診断した金沢大学附属病院へ、進行の具合をみる目的で検査をすることになりました。

結論から言えば、「進行はそんなに進んでない」ということでした。
でも、「そんなに進んでない」右目がこの7年で文字を読めなくなったのは、本当に「そんなに進んでない」ってことになるんですかねぇという個人的疑問。
恐らくもっと進行の早い患者さんを先生は多く診ているから、「そんなに進んでない」という言葉が出てきたのだと思いますが。
でも、患者本人にしてみれば・・・ましてやオタクにとってみれば、

文字が読みづらくなるなんて大打撃ですよ!
大したコトありまくりですよ!


世の中もっと大変な人がいるのだからと諭されることもありますが、患者にとっては「誰かより良い・悪い」の話ではないのです。
「それまで当たり前にできたことができなくなる」ことが、本人にとってどんなに大打撃かということ。
個の視点から考え方を出発しなければ、患者の負担や悩みなど解決できるはずがない、というのが、自分がこの数年で経験して得た自論です。


話がずれましたw

ともあれこの検査の時、大学病院の先生に薦められたのがサンテ ルタックス15というサプリ。
これは加齢黄斑変性の人向けのサプリなのですが、「同じ黄斑に効くものですから、試してみては如何ですか?」ということで、早速病院内のお店でこれを買い、飲み始めました。

  

こういうパッケージの商品です。

効果の方は・・・・


[黄斑に効果のあるサプリ!?]の続きを読む



お久しぶりです!
今日は相方からいいラュースを教えてもらったので、その記事のURLを貼りたいと思います。

失明ラットが視覚回復 東北大、藻の遺伝子で


以下抜粋

 富田准教授は、光を感じる網膜の視細胞が障害を受けてしまう網膜色素変性症などで失明した人の視力回復治療につながる可能性があるとした。

 研究グループは、緑藻に光を感じる遺伝子があることに着目。この遺伝子を組み込んだラットを失明させて実験した結果、ものの動きや色の濃淡の判別などで正常なラットとほぼ同等の視覚を取り戻したという。



これは凄いと思いました!
本当に実用化されると良いですね。
私も期待して待ちたいと思います!


以前お知らせした目の病気についてですが、病名がわかりましたので、報告します。
(以前の更新では「来週検査」とありますが、「さ来週」の間違いでした。うっかり勘違い)

「黄斑ジストロフィー」
これが私の目の病気です。

黄斑は網膜の中心部にあり、ものを見るときに最も大切な働きをします
黄斑ジストロフィーは、その黄斑が変性・萎縮する病気です。


[目の病気、今後の執筆活動への影響]の続きを読む



まず最初に、北陸本専に参加できず、もし当日スペースに来られた方がいらしたら、申し訳なく思います。
少し込み入った事情がありまして、今日はその事について少し触れようと思います。
もしかしたら、それが夏コミの新刊にも影響が出てしまう可能性があるもので。

---

昨日、大学病院で目の検査をしてきました。
丸一日かけて色んな検査をしたのですが、それでもまだ全ての検査が終わらず、続きは来週に。
来週の検査を経て、ようやく診断結果を出せるとお医者さんに説明を受けました。

今現在分かっているのは、

・網膜の真ん中の奥が傷つく病気らしい
・何年も定期検査をして、病気の進行を見るらしい
・暗い所が見づらい
・視界の真ん中が見づらい

こんな感じのようです。
自分が想像していた以上に悪い状況のようで、でも検査が来週という辺り、急を要する程深刻でもなさそうです。
更に詳しい事は、診断結果が出てからまたお知らせしたいと思います。


こんな状況なので、後日の治療内容によっては、新刊が危ういかもしれません。
はよから諦めるつもりはないですが、治療最優先で動きたいので、こういう可能性があるという事で何卒ご理解いただけたら有り難く思います。
最悪、参加を棄権する可能性もあるかもしれません。
今後の執筆活動そのものについても、検査の結果次第という感じです。

てか、本当は新刊どうこうとか言ってる場合じゃないのかもしれんwww
でも、描きたいもんは描きたいんだよなー。

---

そして、菊氏と合同で出す予定だったドロリン本も、菊氏の体調不良や私の事情が重なった事により、発行を延期したいと思います。
発効日は未定という事で何卒ご了承下さい。
お互いの状況を見ながら、スケジュールを練り直す事になるかと思います。

しかし、今年は私も相棒も本当についてないなぁ。
何か憑いているのか?www


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。