更新ペースはかなりゆっくりめかもです。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


自分は温泉町在住者です。
と言っても、毎日総湯(温泉の共同浴場)に行くには金がかかるし、たまに行くから温泉の有難みがわかるようなものです。
いえ、足湯は毎日のように行きますが。(お客さんがいない時だけ)

そんな塩梅で幼い頃から温泉というものを身近に感じ過ごしてきたひとりですが、その有難さを感じるようになったのは三十路を過ぎた頃から。
ええ・・・地元だからそこにあるのが当たり前すぎて、温泉の有難みなぞ知りもしなかったのです。
その観光地に住む人程、地元の観光に疎い法則です。

が、お肌の曲がり角が徐々に急カーブを描くようになり、ドリフト走行に磨きが掛かるその辺世代の女性。
私もいつの間にやらそんな一人になり、特に風呂の湯を気にするようになりました。
化粧品やら何やらの前に湯を気にした辺り、温泉地に住む人間のサガのようなものなのかもしれません。

で、まぁ当然温泉に行く訳です。
近所にあるから。
その効果はいわずもがな、風呂上りはテュルッテュルのスベスベです。
用もないのに首の周りやら腕の内側やらをやたら触るようになります。
気持ち悪いですね!
でもそれが女心というものです。
生まれたての肌に近付くことは、それに反比例して生きる人間が持つ本能的な愉悦の一つではないでしょうか。

ですが、毎日総湯に行くには以下略。
という訳で、いつの頃からか「おうち温泉」と称して、色々試すようになりました。

---

で、最近はまっているのが「重曹風呂」です。


それはどんなものかというと、自分家の浴槽に湯をはって、適当に重曹を入れて入るだけです。
色んなサイトで丁寧にその分量等を紹介していますが、私の場合は目分量です。
主婦は好きでしょう。目分量。
私は独身ですが。

が、奴等はアルカリ性なので、入れすぎると肌に刺激が強くて逆効果なので、その点はご丁寧なサイト様の紹介を参考に一定量を超えない程度に目分量で投げ入れるのが良いかと思います。
自分の場合は40gを超えないように入れています。
(自分家の浴槽の容量は知りませんが、足を伸ばして入れる程度の広さの浴槽です)

---

さて、ここで重曹と温泉の泉質を科学的視点から比較してみましょう。
※以下に表記するのはそれぞれの成分の全てを表記したものではなく、注目したい部分のみを抽出して書いています。

【重曹】
●炭酸水素ナトリウム
●弱アルカリ性


【美肌の湯と言われる温泉】
炭酸水素塩泉
●弱アルカリ性


「重曹泉」て聞いたことありませんか?
そう、美肌の湯と呼ばれる温泉は、「重曹泉」であることが多いのです。
(※全ての美人の湯がそうという訳ではないですが)

いいですねぇ、ブラボーですねぇ。

蛇足ですが、自分の町の温泉は「ナトリウム・カルシウム塩化物泉」
塩分を含み、舐めるとしょっぱいのが一番わかりやすい特徴でしょうか。
近所の温泉でも十分肌はつるつるになりますが……まぁ正直申し上げると、山の方の温泉のが肌がつるつるになります……ね……(敗北者の目)
(温泉の種類については、このサイトがわかりやすいので、参照にして頂ければと思います)


ちなみに「重曹泉」の効能はこのサイトの説明によると

 皮膚の表面を軟化させる作用があり、
 皮膚病や火傷、切り傷によいと言われます。
 また、皮膚の脂肪や分泌物を乳化して洗い流すため、
 石鹸のように皮膚を洗浄します。

重曹風呂に「重曹泉」のような効果があるかは、成分や効能を詳細に比較した訳ではないので、一概に似ているとは言えませんが、「共通点が多く見られる」というのが、私個人の認識です。
重曹風呂に入った後は、肌が柔らかくなりますからね。
流石肉料理で使われるだけあります。

そして、重曹風呂は「重曹泉」同様、肌から水分が抜けるのが早い湯なので、夏場等にはさっぱりとした風呂上りになるそうです。

が、重曹風呂で気を付けて欲しいのは、それは逆を言えば、「水分抜けるのが早いから、早く化粧水等で肌を保湿しろ!」ということでもあります。
乾燥肌の人は、この点注意して下さいね。

蛇足ですが、我が町の温泉は熱がいつまでも体に残るので、夏場に入ると大変な地獄を見ます。
でも冬などでは、総湯から家に着くまでの帰り道全然寒くないので、冬場にはいい温泉であります。

---

さて、サクッとおうち温泉「重曹風呂」を紹介しましたが、要点をまとめると

●美肌の湯は弱アルカリ性であることが多い
●湯上り後の保湿対策をする
(湯上り後はシャワーで洗い流すと〇)
●余計な成分が入ってないので、肌が弱い人にも良いらしい
●気分によって好きなアロマオイルを入れて楽しめる
●風呂の後は、洗面道具やらを漬けておける
●ついでに風呂釜洗えて掃除が楽


そして、次が一番大事です。



●重曹は安い





重曹は100均とかでも売ってるので、手軽にお試ししてみると良いかもしれませんね。

自分などは重曹効果にどはまりして、歯磨きや洗顔にも重曹を入れて使うようになりました。
歯磨きは口臭対策洗顔は重曹の粒がスクラブの代用になるらしいですが、その効果の程は「割といい」というのが現在の素直な感想です。
ないよりいい、という感触でしょうか。
あればベター的な。


そういやフケ対策にもなるということで、シャンプーの時にも混ぜて使ってみたのですが、こちらは髪がゴワゴワになって自分的には駄目でした。

ですが、「皮膚の脂肪や分泌物を乳化して洗い流す」ので、ハ●が気になる男性にはいいかもしれませんね?
勝手な憶測なので、その効果の程は保障できませんが、毛穴の皮脂を洗い流すのに良さそうなので、試してみる価値はあるかもしれません。
どうか既に手遅れの我が父の無念を晴らすべく、余力を残した兵達よ、尋常に人柱になってはいただけまいか?

関連記事
スポンサーサイト





コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。