更新ペースはかなりゆっくりめかもです。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


1ヶ月前、左耳にピアスの穴を開けたんですが、まぁ失敗しまして。
具体的にどう失敗したかと言うと、位置と角度です。

市販のピアッサーがあるじゃないですか。
あれで目星を付けて、引き金?を引いてバチン!とピアスがはまる形式の。



こんなん。


で、穴を開ける目星を付けるんですが、黄斑ジストロファー(何か言い方カッコイイ)は中心暗転してるので、ピアスの針先がどこにあるのかよく見えません。
15年ぐらい前に右耳のを開けた時は何の苦労もなく位置を決められたので、15年でえらい差です。

で、よく見えないので、穴を開けたい位置に印を付けることにしたんです。
とりあえず手元にあったマッキーで。
耳たぶ真っ黒になりました。
自分がどこに印を書いてるのかわからないので、もうとっても大惨事です。

で、しょうがないから、一発勝負で穴を開けることにしたんです。
アルコールティッシュでマッキーの痕跡を消し、ピアッサーの位置を慎重に確認します。
右耳は完全に穴が完成してるので、左耳もできるだけそれに合わせた位置と角度でなくてはなりません。

合わせ鏡で何度も確認し、深呼吸をしてから息を止め、ピアッサーの引き金?を引きます。

その時です。
手がぶれたんですよ。
何かちょっとズルッと、針先がね?
んで、バチコーン!で耳元で凄い音がするじゃないですか。

左耳、不本意な開通

あ、何ですか?何でこんな外側に?何でピアス向こう向いてんの?え、何で?
そこで私は最善の策を取ることにしました。




気にしない。






こうして左耳の穴が完成するまで、穴野郎のケアの日々が始まった訳です。
そして、数日たち、特にトラブルもないので、お気に入りのピアスをしてみたり、付け替えてみたり。

そこから地獄の日々が始まります。

ピアスを穴に通しても向こう側まで貫通しない。
何か皮1枚阻まれて貫通しない。
(ピアスの穴開け経験者にならわかるあの感覚)
で、ピアスを差す角度が悪いのかと角度を変えるじゃないですか。
穴の中をグリグリ(ぎゃあ)当然の出血(ひぃぃ)

穴が完成してないのにシャレっ気を出したことが全ての敗因でした。
おのれ、あの日の私。

その日から毎日石鹸で穴周辺を洗ったり、塩を溶かした湯に耳を漬けたりと、ネットで見たケアをするようになりました。
それで少し改善されました。



で、一昨日のことです。
寝てたんです。私。
それはもう寝てたんです。

で、何を思ったか、ふと目が覚めた時にピアスを外してしまったんです。
そして、「あ、何で外したんだ?」とすぐに気付き、再びピアスを付けようとしたのです。
ところが寝ぼけている為、ピアスをアッチに刺したり、コッチに挿したり、穴の中をグリグリと回転()させたり・・・

翌日目が覚めて視界に飛び込んできたのは、枕元に置いてあった血だらけのティッシュ。
いやー・・・人間寝ぼけると余計なことしかしません。(涙)



現在左耳はどうなっているのかというと、ピアスを耳の裏から差して、穴のケガが治るのを舞っています。
裏から差してるから、外出する時ちょっと恥ずかしいです。
指あり靴下を左右逆に履いて出かけるぐらいの違和感があります。

もし、これでまた穴トラブル(嫌な言い方)が起きたら、一度穴を塞いで、また穴を開けようと思います。
まーうん、まー・・・・何とかなるでしょう。

---

ところで、どうしてそこまでピアスの穴を開けたいのかというと、友人から貰ったアレキサンドライトのピアスをしたいからです。
アレキサンドライトは光によって色の変わる石です。
そして、自分の誕生石なのです。

ただ、その友人がプレゼントしてくれた時に言った言葉。

「アレキサンドライトのピアスは両耳に漬けないと、孤独になるよ」

そりゃ必死になるじゃないですか。
いくら私には2次元の嫁がたくさんいるとはいえ、孤独は誰だって嫌です。
で、まぁ、こんな塩梅で必死こいて穴を完成させようとしている訳です。
上手く行けばいいんですけどねぇ。
できるだけ安上がりに。

---

あ、蛇足ですが、ピアッサーの石はアレキサンドライトを選びましたが、思いっくそ偽物でした。
まぁ安いものなので、石は色を選択する程度の気持ちで選ぶのが妥当かもですね。

関連記事
スポンサーサイト





コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。