【ブレワイ】あえて己の下手さを愉しむ

私はネタバレを警戒して、情報収集はかなり慎重にやっております。
それは動画でも同様、自分のプレイスタイルに何かしらの影響を与えそうなものは、ヤバイと思った瞬間に閉じます。

何故、そこまで徹底するのか。
それはひたすらに、自分の力のみでこのゲームをやり込みたいからに他なりません。

実は、公式ブログでブレワイの動画をいくつか観たのですが、その時、危機感を感じてしまいました。
というのは、公式動画の中で流れるリンクの動きが、攻略の役に立つものだったからです。

攻略の役に立つなら、何も問題ないじゃないか?
と不思議に思う人がいるかもしれません。

しかし、何もかも自力で攻略したい人間にとって、役に立つ情報、便利な情報というものは、非常に困るものだったりします。

そうなのです。
記事タイトルにもあるように、私は
「下手なことを、遊びの一環として愉しんでいる」
のです。

ハイラルの隅から隅までを、己の知恵と操作力だけで踏破したい。

これはゼルダならではの、そして初回プレイにしかできない遊びです。
だから、操作が上達しそうな動画をうっかり観てしまう事故は、とてもとても困るのです。

---

かつて私は、ゼルダ1の裏面で、全てのフィールドの、全ての壁と壁の間に爆弾を、木にロウソクを、海岸では1マスずつ移動しながら笛を吹いて廻りました。
大変な作業でしたが、アレはアレで面白い遊びで、何より達成感が半端なかったです。

最初にプレイしたゼルダがそんな具合でしたので、それで今でも私は「自力」以外の要素を、ゼルダのプレイに取り入れることを拒むのだと思います。
だって、全部自力でできたら、最高に嬉しくなるゲームですから!

---

今、ブレワイの1周目を、連日のように延々と廻ってますが、
「あー!今私は最高の贅沢を愉しんでるー!」
と実感します。

もう既に
「ブレワイの記憶を全てなくして、最初からプレイしたい!」
が口癖になっていますがw

でも、まずは1周目、自分が納得するまで、ハイラルを廻り尽くしたいですね。

そして、満足するまでやり尽くしてから、上手な人人の動画を観たり、攻略本やサイトを眺めたりして、第2のゼルダ人生を楽しもうと計画しております。

これが、私のゼルダのプレイスタイルです。

---

「己の下手さを愉しむ」プレイ。
実はコレ、余り人にオススメしたくなかったりします。

というのは、ヤッパリしんどいのでw
しんどさに心折れてゲームをやらなくなったら、本末転倒です。

ですから、人それぞれのやり方で、自分が楽しいと思う方法で、ブレワイを楽しめばいいと思います。

「自分の思考の赴くままに、自由に遊ぶ」

そういう風に作られているゲームですものね。
自分なりのブレワイライフ、うんと愉しみたいです。
関連記事

theme : ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド
genre : ゲーム

tag : ブレスオブザワイルド ゼルダの伝説

プロフィール

清正

Author:清正
最近、ブレワイに
ハマり過ぎて怖いです。

我リンク
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
06  05  04  03  10  07  06  05  11  07  06 
プログ内検索
RSS
Twitter
黄斑ジストロフィ用


ブログ管理MENU